コンテンツ

AXIES 2023 認証基盤部会 企画セッション

多様なサービスの活用に向けたID連携におけるID管理に求められるもの

本人確認と認証機能強化に向けて、IAL2(Identity Assurance Level)への対応が求められつつある。大学などの教育研究機関では、教職員や学生だけでなく様々な身分の人が様々な期間在籍しているため、ID管理が非常に複雑である。本セッションでは、大学や研究機関等のID管理の現状に加えて、企業におけるID管理の現状も紹介し、これからの本人確認と認証機能強化に向けたディスカッションを行う。

プログラム(予定)

  • 概要説明とID管理のあり方
    中村素典(京都大学)
  • 大学としてのID管理の実情
    森村吉貴(京都大学)
  • 学認対応IdPホスティングサービス実証実験から得られたID管理事情
    清水さや子(国立情報学研究所)
  • 企業におけるID管理の全体像
    山田達司(株式会社NTTデータグループ技術革新統括本部)
  • パネルディスカッション
    コーディネータ:中村素典
    パネリスト:
    ・佐藤周行(東京大学)
     ~次世代認証からのリクエスト~
    ・森村吉貴
    ・清水さや子
    ・山田達司